屋根塗装

施工から完了までの流れ

施工から完了までの流れ

過酷な条件下にいる屋根も、新築以上の輝きに!

1.高圧洗浄(1日目)

カビ・コケ完全除去
まず最初に、高圧洗浄を行っていきます。屋根は、コケ・カビなどが大量に発生している場合が多いので、すべて、高圧洗浄で除去していきます。
屋根の場合、勾配があり、高圧洗浄の際はコケなどが濡れると非常に滑りやすくなっているので、足元にも注意し、周りへの飛散にも気を配りながら施工していきます。


2.下地処理(2日目)

より耐久性を延ばすため
屋根のトタン部分などは「目粗し・ケレン」といって、わざと傷を付けていき、より密着性を高めていきます。さらに、トタンのつなぎ目部分などのシール部分を全て打ち替えていきます。
一番過酷な条件下に置かれている屋根は、特に劣化が激しいので、徹底的に下地処理を行っていきます。


3.養生・コーキング下地処理(3~5日目)

ここが一番重要な工程です
屋根の場合、トタン部分には錆止めを、コロニアル部分にはシーラーを塗装していきます。これはもともと材質が違う為、素材に合った下塗材を選定していきます。下塗りが完了したら、「タスペーサー」というものをはめ込んでいきます。
これをはめ込まずに塗装してしまうと、瓦と瓦の重なり部分に塗料がたまってしまい、中の湿気が外に逃げられなくなってしまいます。

外に出れない湿気は、やがて行き場を失い、部屋内に侵入し、雨漏れ・結露などの問題が発生してしまいます。



3.下塗り(2~3日目)

お待ちかねの塗装工程
下塗りが完了したら、上塗りを2回塗装していきます。屋根は周辺への飛散に気を配りながら、塗装をしていきます。また、塗りたての場所に乗ってしまうしまうと、滑ってしまい、とても危険ですので、気を抜かずに施工していきます。


4.上塗1回目・2回目(3~4)日

新築以上の輝きが・・・
ここまで来ると、皆さんに「本当に綺麗になったわね。」と良く言われます。私たちにとって、何より嬉しいお言葉です。
私たちも、「ただ色が変わる塗替え」ではなく、新築同様の輝きを取り戻す「塗替えリフォーム」を、皆さんに提供していこうと心がけております。


外壁塗装屋根塗装 お問合わせ

  • 外壁
  • 屋根
  • 防水工事
  • 光触媒
  • 断熱塗料ガイナ
  • お客様の声
  • ユーキ君ブログ
  • お問合わせ
  • ガイナ・ノン結露 カタログ・ツール販売
  • ガイナ体験ショールーム